【python】仮想環境にあるライブラリを一気に書き出す方法

Python

pythonではライブラリをimportすることで、様々な機能を簡易に使うことができるようになります。

仮想環境を作り、その中にライブラリをインストールすることで使えるようになりますが、どんなライブラリを入れたかいちいち覚えていませんよね?

インストールしたライブラリを一気に書き出す方法がありますので、ご紹介します。

Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学ぶオンライン講座

pip freeze > requirements.txtを使う

OK
  • 下記を仮想環境に入った状態で入力するとrequirements.txtにライブラリとそれぞれのバージョンを書き出すことができます。
pip freeze > requirements.txt

慣例として、「requirements.txt」に書き出していますが、名称は自由に設定できます。

requirements.txtには他の使い道もある。(pip install -r)

  • requirements.txtを使うことで、ライブラリを一気にインストールする方法があります。
  • pip install -r requirements.txtとすることで、requirements.txtに書き出されたバージョンのライブラリをインストールすることができます。
pip install -r requirements.txt
Amazon.co.jp : python 効率化

コメント

タイトルとURLをコピーしました