plotly.express 統計チャート 箱ひげ図(Box Plots)

Python

plotly.expressを使用して、エネルギーデータの箱ひげ図(box plot)を描く方法をご紹介します。今回は、電力量をy、月をxとして箱ひげ図を描きます。

メリット
  • 四分位数がマウスオーバーで表示できる。
  • 表示されたグラフを連動して動かす(拡大・縮小)ことができる。
  • 描画が手軽にできるにできるため作業時間の大幅削減が可能

使用するエネルギーデータ

今回は、こちらのデータを使用します。

使用データ

plotly.expressで箱ひげ図(box plots)を作成する

SampleCode

  1. ライブラリをimportする
  2. csvファイルを読み込んでデータフレームにする
  3. px.boxで散布図を描画する
# ライブラリのimport
import pandas as pd
import plotly.express as px

#csvファイルの読み込み
df = pd.read_csv('./sample.csv',encoding='shift-jis',index_col=[0],parse_dates=[0])

# データフレームを1日毎のデータにリサンプリングする
df_d = df.resample('d').mean()

# plotly.expressで箱ひげ図の描画
# 今回は、x='電力量',y='月'としました
px.box(df_d,y='電力量',x=df_d.index.month)
項目説明
data_frameデータフレームの指定します。(今回は、df_d)
xx軸の値を配列で指定します。(今回は、月)
yy軸の値を指定します。(今回は、電力量)

TIPS:箱ひげ図に実プロットを加える

points='all'を指定することで、実際のプロットも表示することができます。

px.box(df_d,y='電力量',x=df_d.index.month,points='all')
項目説明
data_frameデータフレームの指定します。(今回は、df_d)
xx軸の値を配列で指定します。(今回は、月)
yy軸の値を指定します。(今回は、電力量)
points‘all’を指定することで、実際のプロットを表示できます。

TIPS:横向きの箱ひげ図

  • orientation='h'で横向きの箱ひげ図を作ることができます。
px.box(df_d,x='電力量',y=df_d.index.month,orientation='h',points='all')
項目説明
data_frameデータフレームの指定します。(今回は、df_d)
xx軸の値を配列で指定します。(今回は、月)
yy軸の値を指定します。(今回は、電力量)
orientation‘h’を指定することで、横向きの箱ひげ図にできます。
points‘all’を指定することで、実際のプロットを表示できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました